【自作2本目】Gスペック用カスタム シリンダー

2本目の Gスペック用カスタム シリンダーを 作成しました。

【参考】本当のやり方
シリンダー改造.jpg


使用した シリンダーは「東京マルイ VSR-10 デザートカラー ボルト」です。

1本目より 時間をかけて 丁寧に作業しました。

1時間30分かかりました。

道具は

1.ポンチがないので タッパーの歯

【後日】

道具箱の中から ポンチが見つかりました。

2.壊れかけた ハンドドリル

【後日】

電気ドリルが 押入れの中にしまってありました。

3、プラハン

4、木材・テープ・タオル

5.蛍光ペンのキャップ・金ノコ・ヤスリ


【一番の注意ポイント】

シリンダーヘッドを外し ピストンを抜く前に 穴を開けた周辺の 「バリ取り」と「変形の修復」を完璧にすること。

ピストンが なんの抵抗もなく スルットぬける様になるまで 行わないと 傷がつきます。


【スプリング アジャスター】

蛍光ペンの キャップの長さは MAX 15mmまででないと ダメです。

トリガーユニットとの関係が うまくいきません。


【結果】

「VSR-10 Gスペック ジャンク カスタム」に取付け 0.2gBB MAX 81,82m/s でした。

ピストンの気密は完璧にしましたが なぜか 低い値でした。

スプリングに個体差が あるかもしれません。

ちなみに 自作1本目は 「VSR-10 Gスペック ジャンク カスタム」に取付けて 0.2gBB MAX 89.00m/s でした。


【感想】

シリンダーが 傷つき 見栄えが悪くなるので デリケートな人はやらない方がいいです。


PICT3815.JPG


PICT3816.JPG


PICT3817.JPG


PICT3818.JPG


PICT3819.JPG


PICT3820.JPG


PICT3821.JPG


PICT3822.JPG


PICT3823.JPG


PICT3824.JPG


PICT3825.JPG


PICT3826.JPG


PICT3827.JPG


PICT3829.JPG


PICT3830.JPG


PICT3833.JPG


PICT3835.JPG


PICT3837.JPG


PICT3838.JPG


PICT3839.JPG


PICT3840.JPG


PICT3841.JPG


PICT3842.JPG


PICT3844.JPG


PICT3845.JPG


PICT3850.JPG


PICT3851.JPG


PICT3853.JPG


PICT3854.JPG


PICT3855.JPG


エアソフトガンのパワーについて.jpg


@東京マルイ エアガン VSR-10 Gスペック.jpg


@東京マルイ エアガン VSR-10 Gスペック-2.jpg




















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント